ツールを上手く活用しよう

>

他の人と共有して管理しよう

写真を共有できるツールがある

何人かで、写真を管理できるツールがあると使いたい時にすぐ探せるので便利です。
これまで他の人が撮った写真を使いたい時は、本人から借りなければいけませんでした、
他の人の手に渡っていることもあるので、今は誰が写真を持っているのか調べるのが大変だったと思います。
共有して管理できるツールを使えば、そのような手間を削減できるので、仕事を早く進めることができます。

自由に写真を追加できるので、みんなの仕事に使えそうな写真を撮影したらすぐツールに入れてください。
ですが写真は、何でも良いわけではありません。
必要無い写真を追加すると、本当に使いたい写真を探すのに時間が掛かります。
仕事で使いそうな写真だけを、ツールで管理しましょう。

データを管理する際の注意点

みんなと共有できるツールを使って、データを管理するのも良いと思います。
自分が使ったデータを、他の人も求めているかもしれません。
データを管理する場合は、セキュリティーに気を付けてください。
誰でも自由にツールを使える状態にすると、第三者が侵入してデータを奪われる可能性があります。
情報漏えいに繋がるので、パスワードなどを設定してください。

パスワードを知っている人しか使えないなら、盗まれる危険性が低下します。
商品の売り上げや、お客さんの個人情報などの大事なデータを管理することがあると思います。
それは、絶対に盗まれてはいけない大事なデータだと認識しましょう。
セキュリティー対策を重視して、ツールを選択してください。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ